Sony Media Software
リリース ノート
 
Vegas® Movie Studio 10.0
2010 年 2 月
 
目次
この文書は、以下のトピックで構成されています。
この文書の内容はパッケージ製品のみに適用されます。ダウンロード製品をご購入いただいた場合は、Adobe Acrobat(PDF)版の製品ドキュメントを弊社の Web サイトからダウンロードしてください。
 
1.0 ようこそ
Sony Creative Software Inc. の Vegas Movie Studio 10.0 をご購入いただき、ありがとうございます。この文書では、お使いのコンピュータに Vegas Movie Studio をインストールして使用する方法について説明します。 

2.0 新機能

バージョン 10.0 の新機能

動画ファイル
  • 最大 10 のビデオ トラック。ビデオ クリップの画像スタビライズ処理。
  • ビデオ クリップの色をすばやく調整するためのホワイト バランス ビデオ プラグイン。
  • セカンダリの色補正プラグイン。
  • ビデオのスタビライズ処理。
  • [トリマー]ウィンドウのサブクリップ。
  • Vegas Movie Studio では、プレビュー中にビデオ プレビューのサイズと品質を自動的に調整してフレーム レートを最適化できるようになりました。プレビュー中にフレーム レートを重視する場合は、[ビデオ プレビュー]ウィンドウを右クリックして、[最適な再生のためにサイズと品質を調整]を選択します。このコマンドを選択しない場合、ビデオの品質が重視されて、必要な場合はフレーム レートが縮小されます。
  • [プロジェクト プロパティ]ダイアログ ボックスの[ビデオ]タブにある[プロジェクトまたはレンダリング設定に合わせてソース メディアを調整]チェック ボックスをオンにすると、Vegas Movie Studio でソース メディアのプロパティ(フレーム サイズのクロップや追加またはインタレースの調整など)に若干の変更を加えて、プロジェクトに合わせてメディア ファイルを使用できます。
音楽ファイル
  • 最大 10 のオーディオ トラック。
  • オーディオ専用の編集(イベントの移動、トリミング、ASR 時間など)は、[フレーム単位にクオンタイズ]が有効になっている場合に、デフォルトでフレームの境界にクオンタイズされなくなりました。オーディオ専用の編集をクオンタイズする場合は、[ユーザー設定]をクリックして[編集]タブで[オーディオのみの編集でフレーム単位にクオンタイズしない]チェック ボックスをオフにします。
  • 録音時のオーディオ波形の描画が改善されました。
    • 録音された波形は高いレートで更新されるようになりました。
    • 解像度を高めるために、16 ビット ピーク ファイルが使用されます。
    • 録音時に波形全体が表示されるようになりました。
    • 録音の完了時にピークを作成する必要がなくなりました。
ワークフロー
  • 新規プロジェクトの作成が簡素化されました。
  • Vegas Movie Studio の新しいインターフェイスでは、暗めのカラー パレットが使用されます。
  • ウィンドウ レイアウト。
  • AVCHD カメラから、または HVR-MRC1 などの CompactFlash ベースのメモリ録画/録音ユニットからビデオをインポートするための[デバイス エクスプローラ]ウィンドウ。
  • スライドショー クリエータ。
  • タイムラインからの DVD 書き込みを統合([ツール]>[ディスクの書き込み]>[DVD])。
  • [名前を付けて保存]ダイアログ ボックスの[メディアをプロジェクトとともにコピー]チェック ボックスを使用して、プロジェクト フォルダ以外に保存されているメディア ファイルだけをコピーできるようになりました。プロジェクト フォルダ内のフォルダに保存されているメディア ファイルはコピーされません。
  • [ビデオ メディア ジェネレータ]ダイアログ ボックスで、[イベントの長さを合わせる]ボタンをクリックして、生成されたメディアの長さをイベントの長さに合わせて設定できるようになりました。
  • イベント内で[Alt]キーを押しながら[Shift]キーを押して、イベントの右のエッジのスリップトリミングを実行できます。
  • イベントを分割するには、イベントをクリックしたまま[Ctrl]キーと[Alt]キーを押しながら[Shift]キーを押します。次に、そのポイントからドラッグすると、ドラッグした方向にイベントをトリミングできます(消去モード)。
  • イベントをスリップする際、イベントのすべてのテイクをスリップできるようになりました([オプション]メニューから[すべてのテイクをスリップ]を選択します)。
  • [Ctrl]キーを押しながら(またはマウスの右ボタンを押しながら)イベント エンベロープの維持部分を調整して微調整できます。
  • 時間範囲エンベロープを編集できます(時間範囲内の複数のエンベロープ ポイントを調整し、オーディオ ダッキングをすばやく実行できます)。
  • プロジェクトの出力アスペクト比に合わせて、静止画像を自動的にクロップするかどうかを選択できるようになりました。
  • [名前を付けてレンダリング]ダイアログ ボックスの[テンプレート]ドロップダウン リストに = 記号付きで、プロジェクト設定(フレーム サイズ、ピクセル アスペクト比、およびフレーム レート)に一致するテンプレートが表示されます。
  • [スナップを有効にする]が無効の場合に、[Shift]キーを押したままドラッグするとスナップが有効になります。
  • 選択したイベントのグループをドラッグすると、最初のイベントと最後のイベントが、タイムラインの他のスナップ ポイントにスナップされるようになりました。
  • `(抑音符)を押しても、以前に最小化されたトラックの高さは復元されません。
形式
  • すべてのビデオ形式用のカスタム レンダリング テンプレート。
  • インターネット配布用のプロジェクトおよびレンダリング テンプレートが更新されました。
  • AVC/AAC(.mp4)ビデオのサポート強化。
  • Sony AVC プラグインを使用して、GPU で高速化された AVC レンダリングをサポートしています。CUDA 対応の NVIDIA ビデオ カードがある場合、Vegas Movie Studio では GPU が使用され AVC レンダリング パフォーマンスが向上します。

    CUDA 対応の GPU について詳しくは、http://www.nvidia.com/object/cuda_learn_products.html を参照してください。
3.0 既に報告されている問題
  • Vegas Movie Studio を使用するには、QuickTime 7.1.6 以上が必要です。通常は、最新の QuickTime を使用することをお勧めします。
  • レンダリングしたファイルを HDV テープに出力する場合は、ファイルがターゲットの HDV デバイスとファイル タイプの要件に完全に準拠する必要があります。準拠していないと、テープへの出力操作は失敗します。HDV テープへ出力するには、付属の HDV MPEG-2 レンダリング テンプレートを変更せずに使用してください。
  • DVD ベースのカムコーダに付属の Sony Handycam USB ドライバを使用すると、Vegas Movie Studio が USB 接続のカメラを認識しなくなることがあります。[コントロール パネル]の[アプリケーション(プログラム)の追加と削除]を使用して「Sony DVD Handycam USB ドライバ」コンポーネントをアンインストールすると、カメラを接続して Vegas Movie Studio の[インポート]>[DVD カムコーダ ディスク]を使用してビデオをインポートできます。
  • VR モードには Windows XP SP2 以降が必要です。
  • Aiptek カムコーダを使用して作成された MOV ファイルはサポートされません。
4.0 動作環境
Sony Creative Software Inc. の Vegas Movie Studio を使用するために必要な動作環境は次のとおりです。
  • Microsoft® Windows® XP SP3、Windows Vista™ SP2、または Windows 7
  • 1 GHz プロセッサ(HD にはマルチコアまたはマルチプロセッサ CPU を推奨)
  • 200 MB 以上のハードディスク空き容量 (プログラムのインストール用)
  • 1 GB RAM(HD には 2 GB RAM を推奨)
  • OHCI 互換 i.LINK® コネクタ*/IEEE-1394DV カード(DV キャプチャおよびテープへの出力)
  • USB 2.0 接続(AVCHD または DVD カムコーダーからのインポート用)
  • Windows 互換サウンド カード
  • DVD-ROM ドライブ(DVD からのインストールに必要)
  • サポートされているCD-R ドライブ(CD の書き込みにのみ必要)
  • サポートされている DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW ドライブ(DVD を作成する場合にのみ必要)
  • サポートされている BD-R、BD-RE ドライブ(Blu-ray Disc™ への書き込みに必要)
  • Microsoft DirectX® 9.0c 以降
  • Microsoft .NET Framework 3.0(アプリケーション ディスクに収録されています)
  • Apple® QuickTime® 7.1.6 以上
  • 注:ソフトウェアを有効にするには、登録情報を Sony Creative Software Inc. に送信する必要があります。

    *i.LINK は、Sony Electronics の登録商標であり、IEEE 1394 コネクタを備えた製品を表すときにのみ使用されます。IEEE 1394 コネクタを装備した製品には、相互に通信できないものもあります。
5.0 インストール
インストール ユーティリティによって、Vegas Movie Studio ソフトウェアで必要なフォルダがコンピュータに作成され、使用するファイルすべてがコピーされます。
 
パッケージ製品からのインストール
  1. Vegas Movie Studio の DVD-ROM をドライブに挿入します。セットアップ画面が表示されます(DVD-ROM 自動再生機能が有効になっている場合)。
    ドライブの自動再生機能を無効にしている場合は、[スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。「D:\setup.exe」(D はお使いの DVD ドライブのドライブ文字)と入力し、画面の指示に従ってインストールを完了します。
  2. [インストール]をクリックし、画面の指示に従って、Vegas Movie Studio の該当するバージョンをコンピュータにインストールします。
Web からのインストール
  1. 当社の Web サイトからインストール ユーティリティをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面の指示に従って、Vegas Movie Studio の該当するバージョンをコンピュータにインストールします。 
6.0 Vegas Movie Studio クイック スタート ガイド
アプリケーション ディスクには、Adobe Acrobat(PDF)形式の『Vegas Movie Studio クイック スタート ガイド』が収録されています。Acrobat 形式は印刷にも適しています。クイック スタート ガイドは、アプリケーション ディスクの Manual フォルダにあります。
 
Adobe Reader のインストール
クイック スタート ガイドを表示するには、Adobe Reader が必要です。Acrobat Reader は、アプリケーション ディスクの \Extras\Adobe Reader フォルダに収録されています。Acrobat Reader をインストールするには、次の手順に従います。
  1. Vegas Movie Studio アプリケーション ディスクをドライブに挿入します。自動再生機能によってインストール メニューが表示されます。
    ドライブの自動再生機能を無効にしている場合は、[スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。「D:\Extras\Adobe Reader\」と入力し、インストール フォルダを参照します。
  2. [CD の参照]を選択し、D:\Extras\Adobe Reader\ フォルダを参照します。
  3. 使用している言語に対応するインストーラを参照して、そのアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従ってインストールを完了します。
7.0 デモ
Sony Creative Software Inc. のその他の製品の情報またはデモをご希望の場合は、弊社の Web サイトをご覧ください。このサイトには、Sony Creative Software Inc. の最新技術情報、デモ、製品に関するお知らせが掲載されています。
 
Sony Creative Software Inc. のデモを商用目的で配布するには、Sony Creative Software Inc. の書面による許可が必要です。
 
8.0 Sony Creative Software Inc. へのお問い合わせ
Sony Creative Software Inc. のお問い合わせ先は以下のとおりです。
 
住所:
Sony Creative Software Inc.
1617 Sherman Ave.
Madison, Wisconsin 53704
USA
 
カスタマー サービス/セールス
カスタマー サービス オプションの詳細については、http://www.sonycreativesoftware.com/support/custserv.asp をご覧ください。
 
電話によるサポート(通常の営業時間内):
  • 1-800-577-6642(フリーダイヤル、米国、カナダ、バージン諸島)
  • +608-204-7703(その他の国)
  • ファックス:1-608-250-1745.
テクニカル サポート
  • テクニカル サポート オプションの詳細については、http://www.sonycreativesoftware.com/support/default.asp をご覧ください。
  • サポート オプションについては、608-256-5555 までお問い合わせください。
  • ファックス:608-250-1745.
 
See the World of Sony